スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YGGDRASIL

 北欧神話を題材にした、攻め込んでくる敵からユグドラシルを守る協力系ゲームです。

ユグドラシル 外箱

プレイ人数:1~6人
プレイ時間:90分

 まず、このゲームをやっての感想を……「面白いけど、実に準備が面倒くさい!」です。
 面白いんですよ? 面白いんですけど、始めるまでの準備が面倒くさいんです。

ユグドラシル ゲームボード

 これがゲームボードなんですが、どこに何を置くのか説明書を見ないと分かりません。イラスト重視にした弊害ですよ……
 ボード上に区切りが無いので、どこに置くのかもフワッとしています。

ユグドラシル コンポーネント
 内容物はカード類やタイル類やシート等々

 プレイヤーは初めに自分が担当する神を決めます。
 オーディン、トール、フレイ、ヘイムダル、テュール、フレイヤの6体がいます。各神に特殊能力があるので、組合せによってプレイの方法を変える必要がありますね。
 敵も6体存在し、全てが特殊能力持ちです。

 さて、全ての準備が整ったら、いざプレイです。
 
 プレイヤーは自分のターンに「敵カードを引く」「3つの異なるアクションを実行する」の2つを行います。
 敵カードを引くと、ボード上の対応する敵のコマが一つ前に進んできます。その後、プレイヤーは9つあるアクションの中から異なる3つを実行します
 9つのアクションの中には、戦闘を行って敵を押し返したり、武器を鍛えて戦闘を有利にする等があります。

 戦闘はダイス目で敵の戦闘力を上回れば、勝ちになります。
 しかし、ダイスはこのゲーム専用の物で最高値が3です。そして、敵の戦闘力は最低が5です(敵が進行する度に高くなります)
 どう考えても2は足りませんね。
 そこで、プレイヤーは手持ちのヴァイキングカウンターという物を使って、ダイスの出目を高くします。(カウンター1個で出目+1。武器は鍛えることで特定の敵に対して出目を高くします)
 9つのアクションの中にヴァイキングカウンターを増やせるので、カウンターが無くなっても大丈夫です。
 戦闘に勝つと敵は一マス下がります。

「敵が前に来る→戦闘準備→戦闘→敵を押し返す」

 この流れを敵カードが無くなるまで続けます。

 拠点を守る防衛型のゲームは初めてやりましたが、面白かったです。
 こちらが安定した戦闘力を整えるまでは、敵に攻め込まれるシーンもありますが、武器を強くすれば、押し返せます。
 と言っても、どの敵が進んでくるかはランダムなので、運が悪ければ一気に攻め込まれて取り返しのつかない状況になりかねません。
 どの敵を叩いて、どの敵をスルーするか。
 そこを考える必要も出てくるかもしれませんね。

 このゲーム、難易度の幅が広そうです。プレイ人数が増えることで難易度が上がり、敵カードの一部を強い物と変えることでも難易度が上がります。さらに、プレイヤーが担当する神のプレイ順でも難易度が変動するみたいです。
 ただ、前に来た敵を押し返せば良いだけだと思ってやると、痛い目を見ますね。
 とても難しそうなゲームなので、やり応えが欲しい人にはオススメかもしれません。ただ、準備が面倒くさいのと初回プレイ時は複雑さで混乱するかもしれませんので気を付けてください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
一言戯言
パソコンを買い換えました。デスクトップからノートになってかなり便利になりました
プロフィール

七篠jack

Author:七篠jack
アナログゲーム好きでテレビゲームも好き。ラノベもマンガも好き。インドアなオタク気質。しかし、レビューを始めるぐらいにはアクティブ。そんな人物です
だけど、説明ベタで長くなりがち

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
当ブログはリンクフリーです。相互リンクは随時募集中なので、ご連絡頂ければ喜んで飛び付きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。