スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Majority

 ペアで得点を競い合うカードゲームです。

マジョリティー 外箱

プレイ人数:2~4人
プレイ時間:60分
 操られ人形館から発売されているカードゲームです。操られ人形館はアナログゲームの紹介サイトらしく、そこで製作したようなので、あくまで同人扱いになるんだと思います。
 といっても、委託販売をしているお店ならば、置いてあると思います。アマゾンにもありましたしね。(現在は在庫がないみたいで注文できませんが……というか、絶版してるから、もう永久に注文出来ないんじゃ……)

 マジョリティーは「連立政党」のパートナーと協力し、如何にお金を稼ぐかというゲームです。
 各ラウンドでは、回ってきたカードで手札を作り、一枚ずつプレイして自分の前に並べていきますが、効果によっては、カードが奪われたり、殺されたりしてしまうかもしれません?!


 とのことです。
 設定的には魔界の永田町である「暗黒議会」で発言力を高めてお金を稼ぐのが目的です。政治なんて二の次だ!ということです。

 さて、内容ですが、ペアで競い合うゲームになっています。3人だと個人戦になり、4人だとペアになります。(推奨人数は4人みたいです)
 パートナーは自分の正面に位置しますので、ゲーム中に相談は出来ません。(席順:自分→相手A→パートナー→相手B→自分)
 ゲーム全体は3フェイズに分かれます。
 人選フェイズ、出席フェイズ、議員フェイズを1ラウンドとして、4ラウンド行います。

人選フェイズ
 各プレイヤーは始めに山札から6枚ずつカードを取ります。そして、その中から一枚を自分の手元に残し、残りを左隣のプレイヤーに回します。
 回ってきたカードから一枚取って、左隣に回す。
 これを6枚のカードが無くなるまで繰り返し、自分の手札を作ります。

出席フェイズ
 手札が出来たら、一度だけカードを一枚のみパートナーと交換します。(互いにカードを出すまでは、出されたカードの確認は出来ません)
 カードの交換が終わったら、手札からカードを一枚選んで伏せて出し、全員同時に表にします。(ステップ1)
 カードが表にされたら、カードが持つ効果を処理して行きます。(ステップ2)

マジョリティー カード

 数字はカードの発言力で、発言力が高い程に得点を得られます。
 効果を持つカードは0,2,3,7です。

効果
 0(賄賂):同じ色のカードを自分の取り札にします。
 2(暗殺):異なる色のカードを捨て札にします。
 3(密偵):次の出席フェイズのステップ1で右隣のプレイヤーからカードを表向きで出します。
 7(裏切り):右隣のプレイヤーの取り札になります。
 優先順位は数字の低い順です。同じ数字の場合は、相殺されたり、席順で優先順位が変わってきます。

 カード効果の処理が終わったら、自分の伏せたカードを取り札として、色ごとに分けて置いておきます。(ステップ3)
 カードの効果によっては、手に入るカードが増えたり、無くなったりします。

 ステップ1~3を全員の手札が一枚になるまで繰り返し、出席フェイズは終了です。

議員フェイズ
 自分の取り札の発言力を色ごとに合計して、得点化していきます。
 各プレイヤーの発言力を色ごとに比べ合い、一番高いプレイヤーに2点、二番目に高いプレイヤーに、一番高いプレイヤーの発言力÷5点を得ます。
 ここがこのゲームの肝です。
 発言力が一番あるプレイヤーが一番得点を稼げるとは限りません。(というか、二番目が一番稼げます)
 
 3つのフェイズが終わったら、次のラウンドに行います。
 4ラウンドが終わった時点でペアの得点を合計して、高い方が勝ちとなります。

 今までペアで競い合うゲームはやったことなかったので、新鮮でした。
 パートナーと相談が出来ないので、互いに何を考えているのかを読まないといけないのが、面白いです。
 「お前! 俺のカード暗殺してどうすんだ!?」なんてことがよくあります。逆に上手くかみ合うと、すごくテンションが上がります。
 効果持ちのカードをいかに使うかが難しいところです。3のカードを使えば、パートナーが有利になるので、使い所によっては相手を封殺出来るんじゃないかと思います。
 そして、やはり得点を稼ぐには発言力を二番目にしなくちゃいけないところが、いやらしくも面白いですね。
 7のカードを使いまくって相手の発言力をワザと高めて、自分は二番に食いこむのが一番良い感じです。

操られ人形館
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
一言戯言
パソコンを買い換えました。デスクトップからノートになってかなり便利になりました
プロフィール

七篠jack

Author:七篠jack
アナログゲーム好きでテレビゲームも好き。ラノベもマンガも好き。インドアなオタク気質。しかし、レビューを始めるぐらいにはアクティブ。そんな人物です
だけど、説明ベタで長くなりがち

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
当ブログはリンクフリーです。相互リンクは随時募集中なので、ご連絡頂ければ喜んで飛び付きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。