スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンジョンクエスト

 先週、秋葉原でダンジョンクエストを買い、今日友人宅でやりました。
 買うか迷っていたんですが、メーカー絶版になったらしく、急いで買いにいきました。
 そして、事前に死亡率が高いと聞いていたんですが、本当にその通りでした。

a

プレイ人数:1~4人
プレイ時間:約90分(ソロプレイ時:約30分)
 プレイヤーは六人の英雄から一人を選び、ダンジョンに潜ります。そして、より多くの財宝を持ち帰ったプレイヤーの勝利です。
 キャラクターを一マス進める度にダンジョンタイルを捲って、どんなダンジョンか確認し、罠や底なし穴など部屋(もちろん普通の部屋もあります)を抜けて、ドラゴンが眠る財宝の部屋を目指します。別に目指す必要はないんですが、財宝を得るためには行くのが一番良いんです。
 そして、まれにダンジョンの更に下層にあるカタコンベへの入口が開かれることがあるんですが、これがまた死亡率がすごい。その分、財宝の価値は高いですけどね。

 今日は友人のKとSの二人とやったんですが、続々死んでいきました。
 Kは入口近くで手に入れた財宝を持ってダンジョンを抜け、Sは財宝の部屋まで辿りついて高価な財宝を手に入れたんですが、帰り道でダンジョンに散りました。自分はカタコンベに飛び込んで瞬殺されました。
 Sが一ターン目にして散るなんてこともありました。容赦ないダンジョンです。
 勝ちを目指すなら、財宝を手に入れた時点で逃げるのが得策ですね。しかし、更なる財宝を求めて、奥に進むのも面白いです。

 このゲーム、モンスターも存在し、プレイヤーと遭遇すると戦闘に入るんですが、これが少し長いんです。プレイ時間が90分もあるのはこれが要因です。ただ、モンスターを他のプレイヤーが担当して行うので、互いに読み合いがあって、緊張感が生まれて良い感じです。
 ゲームを一回で止めるなら丁度良いんですが、何度もやるとなると、少し面倒になってしまいます。しかし、戦闘の簡易ルールがあるので、テンポをよくすることも可能です。
 実際、30分で2回出来ました。(二回とも全員がすぐに死んだのが要因でもありますが)

 こんな感じのとんでもない死亡率のゲームです。みんなで死に様を見て、笑い合うゲームです。しかしその分、高価な財宝を持ち帰った時の喜びは大きいです。それに全員が死んでしまうと、「もう一度、もう一度」とやりたくなります。
 ソロプレイも問題なく楽しめると思います。戦闘以外の工程は二人以上でやる時と同じなので。

ダンジョンクエスト 完全日本語版ダンジョンクエスト 完全日本語版
(2011/06/11)
アークライト

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
一言戯言
パソコンを買い換えました。デスクトップからノートになってかなり便利になりました
プロフィール

七篠jack

Author:七篠jack
アナログゲーム好きでテレビゲームも好き。ラノベもマンガも好き。インドアなオタク気質。しかし、レビューを始めるぐらいにはアクティブ。そんな人物です
だけど、説明ベタで長くなりがち

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
当ブログはリンクフリーです。相互リンクは随時募集中なので、ご連絡頂ければ喜んで飛び付きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。